青山学院大学 国際交流センター

image

キャンパス国際交流

皆さんは、異文化について学んだり、国際的な視野を身につけるためには外国に行かなくてはならないと思っていませんか?
国際交流をする場は、外国だけではありません!
皆さんが普段勉強しているキャンパスの中でも、国際交流をするチャンスはたくさんあるのです。

青山学院大学の留学生ってどんな人たち? どこで会えるの?

青山学院大学では現在、両キャンパス合計500名余りの留学生が学んでいます。留学生には、学位を取得して卒業するために入学試験を受けて入学した私費留学生と海外協定校から半年~1年間在学する交換留学生がいます。
私費留学生は主に中国、韓国等アジア圏から、交換留学生は欧米やアジア等30カ国から来ており、青山学院大学で開講されている一般科目を履修していますので、一般学生の皆さんも知らず知らずのうちに留学生と同じ教室で授業を受けていることもあります。また、クラブやサークル、国際交流センターが主催する交流行事やボランティア活動を通して留学生と知り合うことができます。

留学生と
交流したい!

キャンパス国際交流イメージ
キャンパス国際交流イメージ
キャンパス国際交流イメージ
国際交流コーヒーミーティング

青山、相模原の両キャンパスで月1回、留学生と日本人学生がお茶を飲みながら話したりゲームなどをしながら留学生と交流を深める会を開いています。開催場所や日時、申込については学生情報端末にて毎月お知らせしています。

国際交流掲示板(青山キャンパス)

青山キャンパス国際交流センター前の掲示板に、「~語を教えてください」「留学生のルームメイト募集」など、国際交流を目的としたお知らせを掲示することができます。掲示したいものをまず国際交流センターに提出し、承認印をもらってください。

海外協定校の訪問

年に数回、海外協定校から学生のグループが訪問し、日本人学生とディスカッションなどの交流を行うことがあり、国際交流センターが参加学生を公募することがあります。

留学生を
サポート
したい!

キャンパス国際交流イメージ
キャンパス国際交流イメージ
レジデントアシスタント(RA)

レジデントアシスタントは、青山学院大学の留学生宿舎で留学生と共に生活をしながら、留学生の寮生活におけるサポートや行事・ミーティングの企画・運営を行う学生です。募集は毎年11月下旬に行われる他、欠員が出た際に随時行っており、書類選考・面接により決定しています。

外国人留学生チューター制度

チューターとは、青山学院大学の留学生の生活面や学習面を、ボランティアとしてサポートする学生のことです。募集は毎年11月下旬から12月初旬にかけて両キャンパスで行っており、書類選考・面接により決定しています。留学生が円滑な学生生活を送れるように支援するチューターは、単なる友人とは異なり、責任は重いですがやりがいのある活動です。