青山学院大学 国際交流センター

image

所長・副所長挨拶 / Directors

Ryo Oshiba, Director of International Exchange Center
Professor, School of International Politics, Economics and Communication

青山学院大学は、1874 年に米国・メソジスト監督教会の宣教師により建学の礎が築きあげられました。ミッション系大学として、外国の大学との交流に力をいれる伝統は現在にも引き継がれ、国際交流活動を活発に展開しています。
 具体的には、海外の大学との交流協定に基づく交換留学や短期の海外研修・語学研修などをはじめ、学生のさまざまな交流セミナーなどに取り組んでいます。国際交流センターの活動は、大学のグローバル化戦略により支えられ、また同時にこれを促進しています。国際交流センターは「グローバル青山学院」に向かって、日々本学の国際交流の発展に取り組んでいます。

国際交流センター所長 国際政治経済学部教授 大芝 亮

Mary A. Knighton, Associate Director of International Exchange Center
Professor, College of Literature

At Aoyama Gakuin University (AGU), the International Exchange Center (IEC) plays an invaluable role in mediating the intellectual and cultural experiences of international students who come to study here, be it short- or long-term. I cannot emphasize enough the challenges and the rewards of bringing diverse nations, cultures, and languages together in one place to benefit not only our international students and meet their needs but also to enrich the learning environment overall for our Japanese students, as we continue to rapidly internationalize and embrace a multilingual and multicultural mission. As a professor of literature, I particularly research and focus my teaching and writing on American and Japanese literature and culture. It is a privilege for me to work with talented colleagues and undergraduate and graduate students who share my love for working in more than one language and culture, and affirm for me every day the immense value of the humanities in our global society. Amidst rapid changes and reforms that herald larger numbers of international students in the years ahead, I look forward to being part of the IEC and supporting a vibrant mix of international and domestic “Aogaku” students as we aim to achieve all that a truly cosmopolitan university promises: At the very least, together we can create a meeting place for the exciting and authentic exchange of cultures, languages, and great ideas that can productively shape the values of the world we all share.

青山学院大学(AGU) における国際交流センター(IEC) は、留学生の知的で文化的な体験を取り次ぐという点において、不可欠な役割を果たしております。急速な国際化と多言語、多文化に関する課題への取り組みにおいて、様々な文化や 言語を持つ留学生を迎え入れ、学生のニーズを十分に満たすとともに、日本人学生の学習環境を向上させるという課題とその価値の重要性は、どんなに強調しても強調しすぎることは決してありません。文学部に所属する私は、主にアメリカと日本の文学や文化などについての研究、教育を行っております。優れた同僚や複数の言語と文化に取り組むことに情熱を持つ学生や大学院生と研究し、日々、国際社会における人文科学の大きな価値を確認できることは、私にとって大変光栄なことです。
 さらに多くの留学生の受け入れに向けての急速な改革の中で、真の国際大学に期待されていることを達成していくために、IEC の一員として、留学生と日本人学生の活気ある交流を支援していくことを楽しみにしております。文化や言語や私たちの世界の価値観を形作るような素晴らしいアイディアを交換できるワクワクするような場所を、一緒に作っていきましょう。

国際交流センター副所長 文学部教授 Mary A. Knighton

David W. Reedy, Associate Director of International Exchange Center
Professor, College of Science and Engineering

“You don’t know what you don’t know.” There is a limit to what students can learn from a book or a class. I hope that students will take a step out of their comfort zone so that they will be able to broaden their perspectives and expand their world. I believe our my job is to provide more such opportunities. I want to extend our welcome to those who would like to study at Aoyama Gakuin University. Your experience with us will be an experience of a life time.!

「自身が何を知らないかは、そのことを発見した時に初めて知る」という言葉が表すように、授業や本から学べることには限界があります。より多くの学生たちが自分のコンフォート・ゾーン(心地よい居場所)から一歩踏み出し、自分の視野と世界を大きく広げて欲しいと願いします。そのような機会を与えるのが私の役割だと信じています。また、本学に留学する学生達を歓迎します。青山学院大学での学生生活は一生の思い出になることでしょう。