青山学院大学 国際センター

中国・韓国に滞在している外国人留学生の入国について

2020年3月6日

2020年度 在学予定の外国人留学生の皆さんへ

 

中国・韓国に滞在している外国人留学生の入国について

 

青山学院大学 国際センター

 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、日本政府は3月5日、中国・韓国からの入国制限について新たな方針を発表しました。青山学院大学国際センターでは「青山学院大学に在学中および入学予定の外国人留学生の皆さんへ」として、大学の各種行事の14日前には来日してもらうようにお願いしています。

※各種行事日程の変更や、中止、延期が決定しているものは、大学ウェブサイトおよび国際センターウェブサイトで公表していますので確認してください。

 

■「短期滞在(観光ビザ)」で来日を予定している外国人留学生の皆さんへ

 

 まだ、在留資格を有していない外国人留学生の皆さんは、通常、査証発給後に入国することを案内していますが、3月9日より新たな入国制限が始まるうえ、今後も制限が拡大する可能性もあります。査証発給前に「短期滞在」で来日する場合には、そのリスクを慎重に検討し、各自の判断で入国をしてください。この際は、必ず海外旅行保険に加入してください。なお、「短期滞在」で本邦への滞在が認められる期間は最長90日間です。

 

■来日後の対応について

 

①入国日から2週間以内に発熱(37.5 度以上)かつ呼吸器症状(以下単に「症状」という。)がある場合

 

 他の人との接触を避け、マスクを着用し、すみやかに最寄りの「帰国者・接触者相談センター」(以下「センター」という。)に電話相談し、センターから紹介された医療機関の受診結果を大学国際センターへ報告してください。

 

新型コロナウィルスに関する帰国者・接触者相談センター

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

 

②症状がない場合

 

 現に症状がないものについては、特に帰国後2週間は、ご家族との連絡を密にし、外出を控え、自宅に滞在し、厳重な健康観察等を行うこと。症状が出現した場合には、上記①の対応をする。

 

 なお、コロナウイルスについては、不明な点も多いことから、各自で常に最新の情報を収集するよう努めてください。

以上