青山学院大学 国際センター

2021.10 海外協定校に所属する学生と本学学生の「オンライン交流会」開催/2021.10 “Online exchange meeting” between students of AGU and overseas partner schools

青山学院大学では、新型コロナウイルス感染症の影響により海外協定校からの交換留学生の受入を中止せざるを得ない状況が続いています。

そこで、この度国際センターでは10月上旬に3回にわたり「オンライン交流会」を実施し、本学に留学する予定だった海外協定校所属の学生と、本学で交換留学生のサポートをする予定だった外国人留学生チューターが交流する機会をもちました。

この交流会は、外国人留学生チューターが3つのグループに分かれて企画内容を考え、実施しました。

青山学院大学の紹介やクイズでは、チャットやリアクションなど、オンライン会議ツール「ZOOM」の機能を駆使して盛り上がる様子も見られ、ブレイクアウトルームに分かれての交流では共通の趣味を見つけて会話が弾む様子がたくさん見られました。

のべ32人の海外協定校所属学生と、24人の外国人留学生チューターが参加し、交流会は大いに盛り上がりました。

=== 

Due to the ongoing COVID-19 pandemic, Aoyama Gakuin University has been forced to suspend the acceptance of exchange students from overseas partner schools.

In response to this, the International Center held three online exchange meetings in early October as an opportunity for exchange students and international student tutors who had been expected at AGU to have a chance to interact.

The exchange meeting was organized by international student tutors working in three groups, planning of the content for the program.

During the introductions and quizzes about Aoyama Gakuin University, the students showed great progress with interaction by using the functions of the online conferencing tool ZOOM, such as chat and reactions.

During interactions held in breakout rooms, participants found common interests and enjoyed lively conversations.

A total of 32 students from overseas partner schools and 24 international student tutors participated, and the exchange event created much excitement.