青山学院大学 国際交流センター

image

帰国レポート

帰国レポートTOPへ

国際政治経済学部 国際コミュニケーション学科中国・北京外国語大学 | 2013年9月~2014年7月留学は自分をひとつもふたつも大きく成長させてくれる本当に良い機会

留学先大学について

北京外国語大学のキャンパス内には、大きくてきれいな図書館、食堂、体育館、ジム、スーパーなどがあり大抵のことはキャンパス内で済ませられました。キャンパスの裏側にはたくさんの料理屋があり、日本料理、韓国料理、ハンバーガー、もちろんおいしい中国料理のお店もあります。
私は寮の共用キッチンで料理をすることがほとんどなかったので、ほぼ毎日外食でした。またお店からデリバリーを頼んで、冬の寒い時期などはよく電話で料理を頼んで友達と部屋で食べていました。

留学先大学について

学業面について

学業面について

私のクラスでは日本人が前期は私ひとり、後期はふたりと少なく、様々な国から来た留学生10人程度からなる規模でした。中文学院は中国語を学ぶひとつの学科なので中国人の生徒はおらず、すべて留学生です。
中国人と交流を持ちたいと思ったら自分で探さなくてはなりませんが、皆外国語を勉強している学生なので、日本語を話していると声をかけてくれたりして、留学生にとてもフレンドリーです。
また、必修科目以外に選択科目もたくさんあり、その中でも私はビジネス中国語が好きでした。
普通の授業とはまた違ったビジネス単語が学べ、また先生が話す中国ビジネスにおける礼儀、言い回しなど将来に役立てる情報も得られました。

生活について

私は中国に行ったら日本人とはあまり関わらないようにしようと決めていました。中国に行ってまで日本人と一緒に行動して日本語を話していては留学の意味がないと思ったからです。私は幸いにも北京に降り立ったその日に同じ考えを持った留学生と知り合うことができ、彼らは本当に大切な友達になりました。
せっかく外国に来て勉強しているのだから、違う文化背景を持つ人々と触れ合い、自分の視野を広げて欲しいと思います。友達と集まって、寮のキッチンで自分の国の料理を作って食べたり、一緒に映画を見たり、旅行に行ったり、10ヶ月があっという間に感じたのも、皆のおかげだと思っています。

後輩へのアドバイス

私は前期のクラス分けテストで勉強が足りなかったため、下から2番目のクラスになってしまいました。とても悔しくて後期は絶対3つ上のEクラスに入ると決心しました。Eクラスに入るには後期が始まってすぐにある、飛び級テストに合格しなければなりません。私は後期が始まる前の冬休みに全教科の教科書を一通り勉強しました。結果、無事合格しEクラスに入ることができました。何が言いたいかというと、たとえ最初のテストで失敗してしまっても自分の努力次第で、道は変えることができるということです。また、留学が決定した後も語学の勉強を止めないでください。
留学前は心配な事もたくさんあると思いますが、留学は自分をひとつもふたつも大きく成長させてくれる本当に良い機会です。
ぜひ学生のうちに挑戦して欲しいと思います。