青山学院大学 国際交流センター

image

帰国レポート

帰国レポートTOPへ

国際政治経済学部 国際政治学科アメリカ North Central College |2014年9月~2015年6月日本と世界との違いを学ぶことに意義がある

留学先大学について

North Central Collegeは、Naperville(ネイパビル)というシカゴ郊外の街にあります。ネイパビルは実は全米一安全な街として有名で、本当に治安が良いです。大学自体はアメリカの大学にしては人数、大きさともにこじんまりとしているので1年間もいればすれ違う人の顔も覚えてしまうくらいです。留学生の受け入れ体制はしっかりと整っていて、世界各地から留学生が来ています。

留学先大学について

学業面について

学業面について

授業の予習に関しては、しておくのが望ましいです。特にディスカッションベースの授業の場合は予習していないと授業参加が厳しくなります。しかし、どの授業も課題がたくさん出るので、もしかしたら課題をこなすのだけで精一杯になるかもしれません。また、試験について分からないことは早めに教授に質問するか、クラスの中で友人を作り、困ったときに思い切って彼らにヘルプをお願いしましょう。
学業に関しては日本の大学と比べてすごくハードですが、その分学べることは多いと思います。勉強するときはしっかり勉強して遊ぶときはしっかり遊ぶといったオンオフをしっかりできるようになれば留学生活を総じて楽しむことができるようになると思います。

生活について

僕が住んでいた寮は、まさに「大学寮」といった感じで、騒がしい学生やまじめに勉強に取り組む学生など様々な学生が一緒に生活していて、とてもアットホームでした。部屋は2人部屋でしたが僕はルームメイトとすごく仲良しだったので1年間本当に楽しく過ごせました。ルームメイトは僕の影響もあってか専攻をEast Asia系の専攻に変え、来年度は日本語を履修し日本に留学するつもりみたいです。寮生活がなければここまで仲良くなることはできなかっただろうし、寮生活の思い出は、アメリカが恋しくなる理由のひとつです。

後輩へのアドバイス

世界中から集まった留学生達との議論は、とても興味深いと思います。政治システムや教育システム、はたまた就職活動の違いなど色々な話をしました。その点では、アメリカ人だけとではなく他の国からの留学生とも積極的に交流して欲しいと思います。
学業は日本と比べると本当に大変で、言語の壁もある上に課題もたくさんあって、投げ出したくなることもたくさんありました。それでも頑張れたのは、頑張るという選択肢しか自分に無かったからです。困難と向き合わなければ、学業はおろか生活面でもやっていけませんから。留学生活は、良い意味で自分を追い込んでくれたと思います。 留学してみたいと少しでも思ったら、ぜひチャレンジしてください。学生の今だからこそ、海外に長期で飛び出て日本と世界との違いを学ぶことに意義があると思います。留学をして、現地でたくさん学んで、たくさん遊んでいろいろなことを吸収して自分を成長させてください。