青山学院大学 国際交流センター

image

海外語学・文化研修 体験レポート

海外文化・語学研修 体験レポートTOPへ

理工学部 物理・数理学科2014年8月20日~9月3日(15日間)タイ・タマサート大学

タマサート大学の敷地は日本のものと比べると、とても大きくて広々としていました。大学内の環境はとても快適で、コンビニや食事処がいくつもありました。普段できない体験がたくさんあり、具体的には象に乗ったり、水上マーケットを訪れたり、観劇をしたり、企業訪問をしたり、現役で世界で活躍される大学のOBの方との食事会に参加したりと楽しむ時間と真面目に考える時間のバランスが取れていたと思います。各自ひとりずつ現地の学生がバディとして付いてくれ、彼らの家に泊めてもらい、生活を共にしたことはとても良い経験になりました。タイ語の授業はとても分かりやすく、実用的な知識が養えたと思います。タイの文化についての授業もとても興味深い内容で、タイという国をより知りたくなりました。全体的に明るい雰囲気で、緊張することなく楽しく学ぶことができました。
この語学研修で、私はまず世界を見る広い視野を養うことができたと思います

理工学部 物理・数理学科

理工学部 物理・数理学科

今までずっと日本にいて悩んでいたことにタイに来たことで前向きな気持ちで向き合えるようになったり、ニュースにはならないけれど、たくさんの人が自分とは違う価値観を持って生活をしていることを、改めて実感したりすることができました。タイ人の一番の魅力は、その人柄にあると感じました。よく日本にいると年配の方が、「昔は良かった。」とおっしゃられるのを耳にしますが、タイに行くとそのことを自分の年齢でも実感することができました。つまり、発展途上国であるタイには、現代の日本では弱まりつつある人と人との繋がり、人間らしさのようなものが残ってると強く感じました。日本人の自分でさえ、どこか懐かしく感じることのできる雰囲気が、タイには溢れていたような気がします。これから参加する方には、そんなタイの温かい部分をたくさん感じて来てもらいたいと思います。