青山学院大学 国際センター

image

帰国レポート

帰国レポートTOPへ

文学部 英米文学科 3年インターン先企業名:Viva College

私は、これまで大学生活中に短期留学や海外ボランティアに取り組んできました。そこで、今年の夏休みにはまた海外で、語学力を伸ばしつつも新しいことに挑戦したいと考え、海外インターンシップへの参加を決意しました。実習先は、担当者の方とカウンセリングを重ね、オーストラリア・ブリスベンの語学学校に決定しました。
業務内容は主にマーケティング業務で、日本マーケティング担当の日本人上司のもとで、Facebook記事の作成や生徒向けのアンケート業務など様々な仕事に取り組みました。職場は、生徒の方、スタッフの方ともにアジア、ヨーロッパ、南米など様々な国籍の方がいて、多様な英語が飛び交っているのがとても新鮮でした。英語を使って仕事をすることの難しさを感じる日々でしたが、フレンドリーな職場の方々に支えられ、頑張り抜くことができました。また、インターン生として何ができるのかを徹底的に考えて行動し、職員の方、生徒の方の双方に自らアプローチして仕事を進めることを心掛け、主体性や積極性を身に付けることができました。そして、特にお世話になったマーケティングスタッフの方々は、母国語と英語を使いこなし、母国の代表者として、自分の出身国をマーケットの中心として仕事を行っていました。
印象的だったのは、ネイティブスピーカーではなくても、なまりや発音を気にせず堂々と英語でコミュニケーションを取って仕事をしていた姿です。発音や流暢さよりも、堂々とした態度や、異文化を受け入れる姿勢などが英語のコミュニケーションにおいて大切なのだと気付かされました。今回のインターンシップで学んだこと、感じたことを忘れずに、残りの大学生活を過ごしていきたいと思います。

オーストラリア・ブリスベン