青山学院大学 国際センター

image

IELTS 講座feedback

IELTS TOPへ

少人数制指導と講座での留学準備を目指す仲間との貴重な出会いが魅力

教育人間科学部教育学科2015年3月卒業 バーミンガム大学院修士課程留学中

IELTS
score
6.5

クラスが少人数制であることと、IELTS受験を頑張る仲間が欲しかったので、講座受講を決意しました。実際、少人数ということでより講師の先生と会話ができ、フィードバックを得る機会が増えるので自分の弱点や改善点を多く指摘してもらいました。この講座を通してリーディングは解法テクニック等を学んだことにより、以前と比べてよりはやく問題を解くことができるようになりました。同じ目標を持つ他学部の生徒と勉強することでとても刺激になり、より一層勉強に身が入りました。今でも一緒に講座を受講し留学している友人と連絡を取ることがあり、良い刺激になっています。多くの人たちにとってIELTS受験は高い壁で取りたいスコアを取ることは大変だと思いますが、その分留学により得られる充実感は言葉にできないくらいあります。また大学院留学をして感じることは、IELTSはあくまでも通過点です。高いスコアを取っても実際留学生活や授業で苦労することはたくさんありますし、周りのクラスメイトも要求されるIELTSスコアより高いスコアで入学する人たちもたくさんいます。スムーズに留学生活を送るためにもIELTS受験を通過点として、留学での勉強に向けてできるだけ早く準備することをおすすめします。このIELTS講座が通じて取りたいスコアを勝ち取りましょう!

目標のIELTS7.0を取得。この秋から憧れだったイギリスに留学予定

国際政治経済学部国際コミュニケーション学科 2年

IELTS
score
7.0

協定校留学に応募するためIELTSのスコアが必要だったのですが、独学のみでスコアを上げるのは難しいと思い課外講座を受講しました。実際に留学先で活用できる実用的な英語力をつけたかったこともあり、目標は高めに設定していました。難しい課題もありましたが、クラスの仲間と励ましあいながら勉強することでモチベーションを保ち、講座後に受けたIELTSでは無事目標をクリアすることが出来ました。 ライティングやスピーキングなど1人で勉強するのが難しいパートについても、先生の添削やクラスメイトとの練習を重ねたお陰で本番にも自信を持って臨むことが出来ました。クラスメイトは留学を目標にしている人が多く、留学全般についての情報交換をするなど良い刺激になりました。リーディングやリスニングなど自分でも勉強できるパートについては、家で映画を字幕なしの英語音声で観る、海外のニュースサイトを読むなどして普段から慣れるように心がけていました。またライティングは書き方のコツをつかむまで様々なトピックで何度も書き、その度に先生に添削していただいて改善する、という練習を繰り返しました。

講座でテスト傾向を学び、短期間で目標スコアを獲得!この秋からアメリカに交換留学予定

文学部英米文学科2年

IELTS
score
6.5

IELTSを受験したことが一度もなかったので、自分のスコアレベルも、テストスタイルも分からないまま本講座を受講しましたが、これを経て特定のセクションとは限らず、自分自身の基礎英語力を上げること、さらに私は協定校留学を考えていたので、必要とされるスコアの6.0、そして自分自身の英語力としては6.5が取れるようにと目標を立てていました。講座で点数を取るコツを教えてもらい、また、一番自分で勉強しづらいWritingとSpeakingの対策は、Writingは宿題で次週にフィードバックをもらい、授業内では特にSpeakingを強化してもらったおかげで、最初は何もわからなかったけれども、講座が終わるころにはコツが掴めるようになりました。講座以外はあまり対策が出来なかったのですが、一回目で6.0をとることができ、そして三回目で6.5を取ることができました。勉強法としては、ListeningやSpeaking対策として、通学中にラジオを聴いたりリスニングCDを聴いたりしていました。Readingでは自分の問題の進め方を決めておくと試験の時に焦らないので良いと思います。