青山学院大学 国際センター

image

留学Q&A

留学は、人生の大切な1ページを飾る学生生活をより有効に過ごすチャンスです。
学生生活における留学の意義を今一度よく考えてみましょう!

【目的・準備編】

Q1留学の目的が定まりません

人によって留学の目的は様々です。しかし、「海外体験をしたい」「ただ行ってみたい」などという安易な理由では貴重な留学体験を無駄にしてしまいます。また、協定校留学・認定校留学は「英語もしくは第二外国語で専門科目を学び単位を修得する」ことを主としているため、単なる語学留学にとどまりません。留学して何を得たいのか、自分なりの留学目的を明確にして、意義のある留学を実現してください。

留学Q&Aフォト

Q2留学先が決められません

留学先を決める判断材料として、出願条件や学びたい科目が開講されているかはもちろんですが、その他に大学の規模や学生数、留学生数、気候・文化的風土、所在地、生活環境なども考慮するようにしてください。また、国際センターでは留学経験者の帰国レポートが閲覧できます。そのような資料を参考にしてもよいでしょう。

Q3留学先ではどのようなことが学べますか?

留学先の大学によって様々なカリキュラムが設定されています。交換留学生は基本的に”Non-Degree Student” や”Visiting Student”など学位取得を目的としない学生に区分され、特定の学部に属さないことが多く、本学で在籍している学部に関する科目以外でも履修は可能です。ただし、履修登録の優先権が学位取得を目指す在学生に与えられていたり、交換留学生が履修できない科目もあるため、柔軟性が必要です。どの大学で何を学びたいのかを明確にし、「こんなはずでは」という留学にしないためにも、留学先は知名度だけではなく、綿密な下調べをして自分に合った大学を選ぶことが重要です。

留学Q&Aフォト

Q4留学費用としてどの程度の資金が必要ですか?また、いつまでに準備しておけば良いですか?

留学先や個人の生活スタイルによって異なりますが、約1年間の滞在に必要な資金は派遣交換留学(英語圏)において約200~250万円となります(授業料免除の場合)。その中には、留学先での宿舎費、食費、教材費の他、保険料(留学先及び本学指定)、往復航空券代等が含まれます。ただし、留学地域や留学先での滞在方法(寮、アパート)、長期休暇の過ごし方などによっても増減しますので、目安と考えてください。
また、資金の準備については、アメリカ留学の場合、学内選考合格後の留学先への出願時点で上記費用を証明する英文銀行残高証明書の提出を求められることがほとんどですので、学内選考合格後には準備が整っていることが必要となります。

【学内出願編】

Q5TOEFL iBTとIELTSはどのようなテストですか?

英語を母語としない方が主に海外留学や海外移住を目的として、英語能力を証明するための試験です。TOEFL iBTとIELTSは試験のスタイルにそれぞれ特徴があります。初めて受けるという方は、どちらが自分に合うかよく検討した上で受験してください。
なお、IELTSについては、現在、日本英語検定協会mまたは日本スタディ・アブロード・ファンデーション(JSAF)運営のIELTSとブリティッシュ・カウンシル運営のIELTS for UK Visas and Immigration(IELTS for UKVI)の3種類となっており、本学のイギリス協定校の一部ではIELTS for UKVIを必須としている大学もあります。
後者のテストセンターは東京と大阪のみとなっており、早めの受験申込が必要です。また、いずれのIELTS受験においてもAcademicとGeneralのうち留学用の”Academic”を受験してください。

<IELTS for UKVI>

https://www.britishcouncil.jp/exam/ielts-uk-visa-immigration/about

Q6TOEICやTOEFL ITPのスコアで出願はできますか?

本学協定校または認定校への留学の出願には、TOEICやTOEFL ITPのスコアは利用できません。

Q7出願要件にTOEFLとIELTSスコアがある場合、両方のスコアが必要ですか?

どちらか一方で構いません。ただし、イギリスに留学する場合、IELTSのスコアが必須となりますので、少しでもイギリス留学を検討している方は、IELTSの受験をお勧めします。

Q8出願に必要なTOEFL iBT/IELTSはいつまでに受ければ良いですか?

<TOEFL iBT>

受験日の10日後から、スコアをWEBで確認できるようになっており、公式スコアレポートは受験日の約13日後以降に発送されます。

参考URL:
http://www.ets.org/toefl/ibt/scores/get/
<IELTS>
        

日本英語検定協会で受験の申し込みをした場合、筆記試験から13日目の午後7時よりWEBでのスコア確認が可能であり、同日に登録住所宛てに原本が郵送されます。また、JSAFで受験の申し込みをした場合、筆記試験の13日後の午後3時よりWEBでのスコア確認が可能であり、同日に登録住所宛てに原本が郵送されます。

          
参考URL:
http://www.eiken.or.jp/ielts/result/
          
         
<IELTS for UKVI>

ブリティッシュ・カウンシルで受験の申込をした場合、公式の成績証明書は筆記試験日から13日目に発行され、その後郵送されます。なお、英検協会運営のIELTSについては、筆記試験日から13日目の午後7時よりWEBでのスコア確認も可能です。

参考URL:
https://www.britishcouncil.jp/sites/default/files/application_for_the_issue_of_additional_trfs.pdf

※システムトラブルや試験実施母体(ETS、英検協会、ブリティッシュ・カウンシルなど)の都合でスコア発表日が変更になることも有り得ますので、余裕をもって試験を受験してください。

留学Q&Aフォト

Q9出願締切日までにTOEFL iBT/IELTSの公式スコアレポートが届きません。どうしたらいいですか?

学内出願においては、公式スコアレポートが無くてもWeb上のスコアで受付することが可能です。ただし、学内出願に必要なすべての書類(外国留学願書、誓約書、TOEFL iBT/IELTSスコアもしくは志望する大学が求める語学能力を証明するもの)は、締切日の出願取り扱い時間内の提出が必須です。時間を過ぎた提出はいかなる理由であっても認めませんので、注意してください。

Q10現在1年生です。協定校・認定校留学への出願をする際、G.P.A.はどのような取り扱いになりますか?

後期出発の協定校・認定校へ出願する際、1年生は前期までのG.P.A.が2.4以上あることが望ましく、選考においては前期までのG.P.A.を参考にします。また、選考の結果候補者として選出された後、1年次が終了した時点で協定校の出願資格に満たない場合、候補者取り消しとなりますので注意してください。

留学Q&Aフォト

Q11留学の期間を途中で延長や短縮することはできますか?

申請した留学期間を延長や短縮することはできません。出願の際は十分に留学計画を立てた上、期間を決定してください。

【制度編】

Q12教職課程を履修していますが、留学と両立することはできますか?また、教育実習・介護等体験はいつ行えばよいでしょうか?

教職課程と留学の両立に関しては、卒業時までに教員免許状取得を目指した場合、履修その他の問題から見て難しいと考えられます。また、教育実習・介護等体験を行う時期については、各人の条件によって異なることから、必ず事前に教職課程課(青山)や学務課教職課程担当(相模原)に相談をしてから留学に臨んでください。

Q13留年しないで留学は可能でしょうか?

協定校留学・認定校留学で、2年次もしくは3年次に留学した場合は、修得単位数によっては可能となります。
ただし、休学留学する場合は留年となり、4年間での卒業はできません。下記の例の通り、3年次の後期から次年度前期まで休学留学をする場合、2014年度以降入学者は1年間、2013年度以前入学者は2年間留年することになります。休学の手続き等については、教務課(青山)/学務課(相模原)の窓口へお問い合わせください。

例:3年次後期より1年間休学して留学した場合
【2014年度以降入学者】
  2017 2018 2019 2020 2021
前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期
休学留学をした場合の在籍年次 1年次 2年次 3年次 休学留学 3年次 4年次
【2013年度以前入学者】
  2013 2014 2015 2016 2017 2018
前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期
休学留学をした場合の在籍年次 1年次 2年次 3年次 休学留学 3年次 3年次 4年次

※2013年度以前入学者の場合、進級するには1年間を通して在学することが必要です。

Q14留学して9月に卒業するという話を聞きましたが、どういう場合に9月卒業になるのでしょうか?

4年次の後期に出発し、次年度の前期に帰国した場合、留学先で修得した単位が認定されて卒業要件を満たすと、9月に卒業することができます。ただし、9月卒業を希望する場合は、その旨を事前に意思表示をする必要があります。国際センターの指示に従ってください。

【その他】

Q15留学体験は就職活動に有利ですか?また、帰国後の就職活動について教えてください。

留学で培った語学力や専門知識の修得は大きな強みとなるはずです。ただし、就職活動では「留学」という事実や語学力だけではなく、留学を通じて得たコミュニケーション能力、問題解決能力、社会適応能力などが評価されます。就職活動については、留学中でもインターネットなどを利用して様々な情報を得ることができます。就職情報が掲載されている就職ウェブサイト(留学生向けサイトもあります)や、希望する個別企業のホームページなどを利用しての業界研究・企業研究、自己分析を行うことで、帰国後速やかに就職活動を始められるようにしておきましょう。海外でもWeb Ash(本学の学生専用の進路就職支援システム)を見ることができます(日本語が使用できるPCを用意。ID・Pass確認)。留学前と帰国後には進路・就職センターに相談してください。

Q16留学にあたって海外での安全管理はどのようにしたらよいですか?

グローバル化の進展に伴い、本学学生の海外渡航の機会が格段に増加している中、近年多発する自然災害やテロ事件に象徴されるように、世界の中にもはや安全な場所はない、といえる状況になっています。このような世界情勢に鑑み、海外での安全管理については『自分の身は自分で守る』を念頭に、渡航前、渡航後にすべきことを各自で行ってください。なお、国際センターが取り扱う留学(協定校留学、認定校留学、海外語学・文化研修、トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム、インターンシップ等)による海外渡航者は、国際センターが指定する海外留学保険や、提携する危機管理会社のサポートサービスに必ず加入していただきます。未加入の場合は渡航を認めません。詳細は、出発前までに国際センターより案内しますので、指示に従ってください。

参考URL:
http://www.iec.aoyama.ac.jp/system/safety.html