青山学院大学 国際センター

image

認定校留学

協定校以外の大学に留学を希望する場合、本学が認定すれば、協定校への留学と同様、留学先で修得した単位を本学の卒業要件単位として認定することができ、休学をしないで卒業することが可能です。
認定校留学には次に示す二つの制度があります。

認定校留学PHOTO

Study Abroad at Approved Institution

認定校留学

認定校留学とは、協定校留学では自分の留学目的が果たせない場合、学習目的の合う学位授与権を有する大学または高等教育機関を選定・出願し、入学許可を取得した上で、本学に認定校留学の申請を行い、認められた場合に協定校留学に準じた留学が出来る制度です。協定校留学同様、留学期間が本学の在籍期間に算入され、留学先大学での修得単位を卒業要件として単位認定された場合、4年間で卒業が可能となります。なお、認定校留学の場合は本学と認定校の双方へ授業料を支払う必要があります。また、認定校留学をするためには、申請者自身で全ての申請準備を行う必要があり、実際に出発するまでに1年~1年半程度の準備期間が必要です。このため、前期出発の場合は9月末まで、後期出発の場合は4月末までに必要書類を整え、国際センターに申請を行う必要があります。認定校留学を考えている場合は、必ず事前に国際センターに相談して下さい。

JSAF Study Abroad Program

JSAFスタディアブロードプログラム

本学が日本スタディ・アブロード・ファンデーション(JSAF)と協定を結び、JSAFが協定を結んでいる海外の大学の一部を認定校として承認し、学生を派遣するプログラムです。留学中は学部授業を履修し、留学後、修得単位を卒業要件として単位認定された場合、出発年次によっては4年間で卒業することが可能です。認定校留学になりますので、学費は本学と留学先大学の双方に支払う必要があります。出願を考えている人は、早めに国際センターに相談してください。