青山学院大学 国際センター

image

奨学金制度Scholarships

留学に関する奨学金制度には以下のものがあります。各奨学金に関する詳細は、国際センターまでお問い合わせください。ただし、(独)日本学生支援機構 第二種奨学金(短期留学)は、学費・奨学金課(青山)・学生生活課(相模原)までお問い合わせください。募集日程・内容は変更になる場合がありますので、募集要項で詳細を確認してください。

1青山学院大学産学合同万代外国留学奨励奨学金 ―太平エンジニアリング・AGU産学合同スカラーシップ―

本奨学金は、海外留学を志す本学学生を対象として、本学と株式会社太平エンジニアリングが合同で学業資金としての奨学金を給付することにより、経済的負担の軽減と外国留学の奨励を目的とするものです。

貸与/給付 給付
支給金額
  1. 1) 協定校留学奨励奨学金 50万円
  2. 2) 認定校留学奨励奨学金 所属により50~100万円
  3.               
  4. 3) 世界トップレベル大学留学奨励奨学金 1)に追加して50万円、または、2)に追加して100万円
※1)2)3)とも半期留学の場合は半額給付
対象の留学
第一期:
後期出発の協定校、協定校(私費)、認定校、MISEN、ACUCA
第二期:
前期出発の協定校、協定校(私費)、認定校
募集時期 第一期:留学予定年の5月頃 / 第二期:留学予定前年の9月頃
選考方法 書類、面接

2青山学院国際交流基金奨学金

本学院では、学校法人青山学院国際交流基金事業の一環として、本学院学生に海外留学を奨励し、国際化時代に対応できる有能な人材を育成することを目的として、給付の奨学金制度を設けています。

貸与/給付 給付
支給金額 年額20万円
対象の留学
第一期:
後期出発の協定校、協定校(私費)留学生、認定校、MISEN、ACUCA
第二期:
前期出発の協定校、協定校(私費)、認定校
募集時期
第一期:
留学予定年の5月頃 / 第二期:留学予定前年の9月頃
選考方法 書類、面接

3青山学院スカラーシップ「深町奨学金」

本奨学金は、深町正信前青山学院院長がGoucher College(アメリカ)への派遣交換留学支援金として授与するものです。

貸与/給付 給付
支給金額 年額150万円
応募資格 協定校Goucher College留学者
募集時期 留学予定年の5月頃
選考方法 書類・面接

4(独)日本学生支援機構海外留学支援制度(協定派遣)※年度により本学への割当がなく、募集しない場合があります。

日本学生支援機構では、派遣交換留学生に対して、渡航に必要な経費の一部を奨学金として支援することにより、グローバル社会において活躍できる人材を育成するとともに、我が国の高等教育機関の国際化・国際競争力強化に資することを目的として給付奨学金の制度を設けています。学業成績及び人物優秀で本学を代表するに足る学生を選考し、大学長より日本学生支援機構に推薦します。

貸与/給付 給付
支給金額 月額6万~10万円(留学地域による)
対象の留学
第一期:
後期出発の協定校、協定校(私費)
※日本学生支援機構が規定する資格及び要件を満たす者
第二期:
前期出発の協定校派遣交換留学生
※日本学生支援機構が規定する資格及び要件を満たす者
募集時期
第一期:
留学予定年の5月頃
第二期:
留学予定前年の9月頃
選考方法 書類、面接

5(独)日本学生支援機構 第二種奨学金(短期留学)

日本学生支援機構では、国内の大学等在学中に、外国の短期大学・大学・大学院に短期留学をするために奨学金を希望する人を対象に有利子の奨学金を貸与しています。在学する学長の推薦を得て、短期留学をする前に申込む「予約制度」となっています。希望者は学費・奨学金課(青山)・学生生活課(相模原)にお問い合わせください。

貸与/給付 貸与
支給金額 月額3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から選択
応募資格

海外の大学等に3ヶ月以上の短期留学をする者で、下記のいずれかに該当する留学

  1. 学生交流に関する協定等に基づく留学
  2. 留学により取得した単位が、日本で在籍する大学等の単位として認定される留学
募集日程 留学開始時期によって異なる
選考方法 学費・奨学金課(青山)・学生生活課(相模原)にお問い合わせください